Top > News > d&bがフラッシュマウント可能な新型ラウドスピーカー”44S”をリリース

2020/09/23

d&bがフラッシュマウント可能な新型ラウドスピーカー”44S”をリリース

d&b audiotechnikは、2020年9月15日にフラッシュマウント可能なラウドスピーカー、44Sをリリースしました。

44s
ドイツに本社を置くオーディオテクノロジー&ソリューションカンパニーd&b audiotechnikは、そのワイドな製品ラインナップに革新的なラウドスピーカー、44Sを追加することを発表しました。44Sはd&b初のフラッシュマウント可能なラウドスピーカーであり、コンパクトでハイパフォーマンス、かつ多様な据付オプションを提供します。
「ラウドスピーカーの選定時にサイズの適合性や意匠など据付けの課題に直面する音響のプロフェッショナルに対し、44Sは、様々な空間に自由にフィットする、パワフルでコンパクト、かつ高い設置自由度を提供する画期的なラウドスピーカーです」とd&bプロダクトマネージャーのWolfgang Schulzは語ります。「ニアフィールドでの使い勝手に非常に優れるコンパクトなポイントソースラウドスピーカーであり、まさに市場が求めていた製品と言えるでしょう。」
市場のニーズを満たすべく開発された44Sは、高い指向特性とハイパワー(最大音圧レベル: 10D使用時121dB、30D/D80使用時123dB)を誇り、固定設備、仮設用途を問わず高い性能を発揮するラウドスピーカーです。
44Sは巧みなウェイブガイドとバッフル設計により高い指向性を実現し、隣接に配置してもユニット間の干渉を最小限に抑えます。非対称設計のキャビネットは、±20度のチルトオプション内蔵により正確なカバレージアングルを実現しており、様々なリスニングの高さに合わせた緻密な角度調整が可能です。
当ラウドスピーカーはパワフルなだけでなく、これまでのd&bラウドスピーカーにはなかった非対称キャビネット形状により多様なビルトイン要求に柔軟に適応します。高さわずか128mmの44Sは、ほとんどのラウドスピーカーが対応困難な設置条件、例えば、移動式ステージやバルコニーの下、ステージの縁、階段などに設置できるほか、オプションのバックボックスを使えば、天井、壁、屋根裏にフラッシュマウントすることも可能です。
「d&bは、この新製品のリリースにより、設備市場への継続的なコミットメントを示すことができ、非常に誇りに思っています」とSchulzは述べました。「市場がこれまで以上に複雑化する状況にある今、柔軟で多機能なソリューションを業界に提供することが重要です。」

外形寸法128×390×150(mm)というコンパクトなキャビネットに4.5インチのネオジウムLFドライバー2基と、1.25インチのHFドームツィーター2基を搭載し、周波数特性は90Hz~17kHzをカバーしています。

 

※技術仕様は44Sデータシート(日本語)をご覧ください。

※製品の特徴などの詳細は44S 製品リーフレット(英語)をご覧ください。

 

44s_box