Top > News > R1リモートコントロールソフトウェアに、新機能”Array verification”を追加。

2017/04/12

R1リモートコントロールソフトウェアに、新機能”Array verification”を追加。

R1リモートコントロールソフトウェアの最新バージョンに、モバイル、固定設備両用途においてケーブルの誤配線を抑制する新機能”Array verification”が追加されました。

特許申請中のこの機能は、アレイ内の物理的なラウドスピーカーの位置を自動的に特定し、d&b ArrayCalcシミュレーションソフトウェアで設定された内容と実際の構成とを比較することができます。この機能は単にラウドスピーカーのケーブル結線が正しく行われているか?を検証するだけではなくアンプの各チャンネルからプランと同じアレイ内のスピーカーに結線されているかを確認します。ユーザーの皆さんにとっては、ライン、サブウーファーアレイのケーブル結線に不具合があった時に簡単に特定が可能です。時間を節約し、エラー箇所の特定に時間が掛かりません。
Array verificationはR1のシステムチェックビューからアクセスしますが名称が「System check and Array verification」に変更されています。