Top > News > d&b audiotechnik APACの新統括責任者にアナンド・ナラヤナンが就任

2020/02/11

d&b audiotechnik APACの新統括責任者にアナンド・ナラヤナンが就任

anand

d&b audiotechnikは、2020年1月1日、アジア・パシフィック地区の新統括責任者、兼d&b Asia Pacific Pte. Ltd.の新社長に、アナンド・ナラヤナンが就任すると発表しました。ナラヤナンは、d&bのアジア・パシフィック地域全体を統括し、当地域におけるビジネスデベロップメント、販売・サービス、ブランディング戦略及び全マネージメントにおける責任者としての業務を担ってまいります。なお、ナラヤナンの前任者、マイケル・ケースはd&bグループ内において新しい戦略的ポジションに就任します。
ナラヤナンは、製造と技術分野に幅広い経歴を持ち、前職のダンフォス社にてアジア・パシフィック地域のダイレクターを務めていたほか、ジェネラル・エレクトリック社にて日本、韓国市場のプロジェクトリーダーを務めていました。ナラヤナンはテクノロジー、エンジニアリング製品、音楽の各分野に精通した熱意溢れるリーダーです。
ナラヤナン就任の背景には、APAC地域におけるd&bのさらなる成長とパートナーネットワーク拡充への期待が込められています。
「APACにおける成長に貢献を果たしてきたマイケル・ケースの後を引き継ぎ、アナンドにはアジア・パシフィック地域におけるd&bの次なる成長を担う中心的な役割を果たしていくことを期待しています。また、長期的な成長戦略に基づく彼の実行力と強いリーダーシップは、アジア・パシフィック地域のお客様やパートナーを支援するためのインフラストラクチャー、及びリソースの強化への投資を継続するうえで非常に貴重なものとなるでしょう。」とd&b audiotechnikグループCEO、アムノン・ハーマンは語りました。